大リーグ、田中将大投手が無四球で3勝目

17日に、大リーグ・ヤンキースの田中将大投手は、ブルージェイズ戦に先発し、今季最長の7回を投げ、2被本塁打を含む7被安打3失点・5奪三振で3勝目(2敗)を挙げた

2本塁打を浴びたものの、制球がよく無四球の投球だった

チームは10-7で8連勝

逆転優勝へ

ツインズの前田健太投手は、ホワイトソックス戦に先発し、5回を5被安打2失点・8奪三振に抑え、勝利投手の権利を得て降板したものの、救援陣が逆転を許し、勝敗はつかず、今季5勝目、日米通算150勝は持ち越しとなった

地区2位のチームは-4と1点差で逆転負け

ホワイトソックスは12年ぶりプレーオフ進出

前田投手はプレーオフ進出へ今後も投げ、チームの勝利へ献身を誓った

レイズの筒香外野手は、オリオールズとのダブルヘッダーの第1試合に「1番・DH」で先発し、4打数1安打1打点

チームは3-1で勝利

第2試合は出場せず、チームは10-6で勝利し、2年連続プレーオフ進出

エンゼルスの大谷投手は、ダイヤモンドバックス戦で出場なしで、チームは7-3で勝利

 
絶対エース育成論 ~なぜ田中将大は24連勝できたのか?


エースの覚悟 (光文社新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です