大リーグ、秋山翔吾外野手がV打

16日に、大リーグ・レッズの秋山翔吾外野手は、パイレーツ戦に「1番・左翼」で先発し、3打数1安打1打点・1四球1三振

秋山外野手は、五回に貴重なこの試合唯一の得点、V打をたたき出した

追い込まれてからの内閣高めの速球を左前適時打

9月はここまで打率3割3分3厘で、三回の四球で13四死球

出塁率は5割近くを誇る

チームは1-0

レイズの筒香外野手はナショナルズ戦に七回に代打で出場し、その後左翼の守備に

2打数無安打・2三振

チームはタイブレークの延長十回で2-4で敗れた

エンゼルスの大谷投手は、出場せず

チームは6-9で敗れた

 
技術と心 至高の打撃・野球道&精神力探求バイブル (Professional Bible)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です