大リーグ、ダル投手 7回3失点も救援陣崩れ8勝目ならず

15日に、大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手はインディアンス戦に先発し、7回9被安打3失点・7奪三振1与四球に抑え、勝利投手の権利を獲得し、降板したが、救援陣が崩れたため、ダルビッシュ投手に勝敗はつかず、8勝目はならず

試合は、カブスが6-5でサヨナラ勝ち

試合そのものには、チームは敗れたが、7回3失点でダルビッシュ投手に勝敗はつかず、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の候補に踏みとどまった

残る登板予定は2試合

防御率、最多勝、奪三振などのタイトル争いやサイ・ヤング賞の行方にも注目されるが、チームのペナントレースの首位争いも気になる

 
ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です