黒沢清監督がベネチア国際映画祭の銀獅子賞受賞!

12日に、第77回ベネチア国際映画祭の授賞式が行われ、コンベクション部門に出品された「スパイの妻」の黒沢清監督が銀獅子賞(監督賞)を受賞した

日本人の同賞受賞は、2003年「座頭市」の北野武監督以来17年ぶり

銀獅子賞は、最高の金獅子賞(作品賞)に次ぐ栄誉

ベネチア国際映画祭・主な日本に関係した受賞・・・

1938年 田坂具隆監督「五人の斥候兵」がイタリア民衆文化大臣賞を受賞
1951年 黒澤明監督「羅生門」が 金獅子賞(作品賞)を受賞
1952年 溝口健二監督「西鶴一代女」が国際賞を受賞
1953年 溝口健二監督「雨月物語」が銀獅子賞(監督賞)を受賞
1954年 黒澤明監督「七人の侍」と溝口健二監督「山椒大夫」が銀獅子賞(監督賞)を受賞
1956年 市川崑監督「ビルマの竪琴」がサン・ジョルジョ賞を受賞
1958年 稲垣浩監督「無法松の一生」が金獅子賞(作品賞)を受賞
1960年  小林正樹監督「人間の條件」がサン・ジョルジョ賞を受賞
1961年 黒澤明監督「用心棒」で三船敏郎が男優賞を受賞
1965年 黒澤明監督「4赤ひげ」でサン・ジョルジョ賞、三船敏郎が男優賞を受賞
1967年 小林正樹監督「上意討ち 拝領妻始末」が国際映画批評家連盟賞を受賞
1982年 黒澤明が栄誉金獅子賞(栄誉賞)を受賞
1989年 熊井啓監督「千利休 本覚坊遺文」が銀獅子賞(監督賞)を受賞
1991年 竹中直人監督「無能の人」が国際映画批評家連盟賞を受賞
1995年 是枝裕和監督「幻の光」で中堀正夫が撮影賞を受賞
1997年 北野武監督「HANABI」が金獅子賞(作品賞)を受賞
2003年 北野武監督「座頭市」が銀獅子賞(監督賞)を受賞
2004年 宮崎駿監督「ハウルの動く城」が技術貢献賞を受賞
2005年 宮崎駿が栄誉金獅子賞(栄誉賞)を受賞
2011年 園子温監督「ヒミズ」で染谷将太と二階堂ふみがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞
2020年 黒沢清監督「スパイの妻」が銀獅子賞(監督賞)を受賞

 
スパイの妻 (講談社文庫)

映画「スパイの妻」は、オリジナル作品だが、上の小説が着想とも


黒澤明 ――日本映画の巨人 (ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉)

ベネチア国際映画祭の主な賞を複数回受賞いているのは、黒澤明氏と北野武氏

「世界のクロザワ」といわれた黒澤明氏の評伝

ちなみに今回銀獅子賞受賞の黒沢清氏と黒澤明氏に血縁関係はない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です