大リーグ、ダル投手 7連勝で止まる

9日に、大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手はレッズ戦に先発し、6回を1被本塁打を含む2被安打3失点・9奪三振3与四球で2敗目(7勝)

連続試合勝利は7で止まった

悔やまれるのは初回の3ランの被弾

これ以外は1被安打3与四球に抑えていた

ダルビッシュ投手は、この試合も含めここまで7勝と72奪三振はリーグ1位、防御率1.77でリーグ3位と投手タイトル主要3部門全てで上位に名を連ねている

日本選手初のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)獲得も可能かもしれない

自分の活躍が、自分にもチームにもプラスになる

試合は0-3で、味方打線は無得点だった

相手のレッズの秋山外野手は、「6番・左翼」で先発し、4打数2安打・1三振で2試合連続複数安打

ダルビッシュ投手とは2打数1安打

エンゼルスの大谷投手は、「5番・DH」で先発し、4打数1安打・2三振

チームは3-7で敗れた

 
ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です