大リーグ、ダル投手7連勝・主要3部門トップ

4日に、大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は、カージナルス戦に先発し、六回の先頭打者にソロ本塁打を浴びるまで走者を許さなかった

7回1被安打1失点・11奪三振で両リーグ単独トップの7勝目(1敗)を挙げた

そして、自身の大リーグ(メジャー)最長連続試合勝利を7とした

七回一死まで無安打無得点だった8月19日のブルワーズ戦に続き圧倒的内容だった

今季のダルビッシュ投手は、ここまで防御率1.44、7勝、63奪三振で(投手)主要3部門がリーグトップ

奪三振は今季3度目の2桁をマーク

有力候補のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)へ突き進んでおり、この調子なら可能性もあるかもしれない

エンゼルスの大谷翔平投手は、アストロズ戦に「4番・DH」で先発し、タイブレークの延長十二回に自身大リーグ初のサヨナラ安打を放った

この日は5打数1安打1打点・1四球1三振

試合は6-5だった

マリナーズの菊池雄星投手はレンジャーズ繊に先発し、6回2被安打1失点・7奪三振で2勝目(2敗)を挙げた

同チームの平野投手は6-1の九回から4番手で1回を投げ、3被安打2失点・1与四球

チームは6-3で勝利

レイズの筒香嘉智外野手はマーリンズ戦に「6番・DH」で先発に先制の6号ソロ本塁打など2打数2安打1打点・2得点2四球で途中交代

チームは5-4で勝った

レッズの秋山外野手はパイレーツとのダブルヘッダー第1試合で最終七回に左翼を守った

チームは4-2で勝った

第2試合は「7番・左翼」で先発し3打数1安打

チームは3-4で敗れた

 
ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版


不可能を可能にする 大谷翔平120の思考


メジャーをかなえた 雄星ノート (文春e-book)


別冊カドカワ 総力特集 筒香嘉智 (カドカワムック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です