テニス、セリーナ選手が全米オープン女子シングルス歴代最多の通算102勝目

1日にテニスの四大大会・全米オープンの女子シングルス1回戦が行われ、セリーナ・ウィリアムズ選手(米国)が勝ち、(全米オープン女子シングルスの)大会通算102勝目を挙げ、クリス・エバートさん(米国)を抜いて単独最多に

姉・ビーナス選手が初戦敗退だったが、自身は勝ち上がった

女子シングルスの4大大会優勝は、ここまで23回で、歴代最多のマーガレット・コートさん(オーストラリア)の24回にあと1回と迫っている

「(通算102勝の全米女子オープン女子シングル歴代最多勝の)記録よりも大会を勝つことだけを考えている」と快挙達成にも冷静に振り返った

 
セリーナウィリアムズベースボールハットアジャスタブルキャップクラシック


青春のウインブルドン (1982年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です