「現役最高齢芸人」内海桂子さんが死去していた

22日に、女性漫才コンビの「内海桂子・好江」として長年活躍した漫才協会名誉会長の内海桂子(うつみ・けいこ、本名・安藤良子=あんどう・よしこ)さんが97歳で死去していた

葬儀・告別式は近親者で行った

テンポのいい漫才で、三味線、小唄、踊りなどを駆使し、時事ネタなどを披露

昭和33年にNHK漫才コンクール優勝

昭和57年度には、漫才師として初の芸術選奨文部大臣賞を受賞

平成元年に紫綬褒章、平成7年に勲四等宝冠章を受章

平成9年に好江さんが亡くなるとピンで活躍し、漫才協会会長に就任

90歳を超えてからも活躍し、「現役最高齢芸人」として活動

「ナイツ」は弟子にあたり、「ウッチャンナンチャン」も弟子だとも

 
師匠!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です