大リーグ、大谷投手が3戦ぶりマルチ、ジオリト投手が無安打無得点

25日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がアストロズとのダブルヘッダーの第2試合に「4番・DH」で先発し、4打数2安打2打点で3試合ぶりのマルチ安打(1試合複数安打)と打点をマーク

盗塁も決め、今季3個目

チームは、12-5で大勝

ちなみに第1試合は、「5番・DH」で先発し、2打数無安打

チームは、3-6で敗れた

他の日本勢は・・・

レイズの筒香外野手は、オリオールズ戦に先発し、3打数1安打2三振で途中交代

レッズの秋山外野手は、ブルワーズ戦に先発し、3打数無安打で途中交代

マリナーズの平野投手は、パドレス戦に6-3の六回に登板し、1回を無安打無失点・1与四球

チームは8-3で勝利

ホワイトソックスの右腕・ルーカス・ジオリト投手は、パイレーツ戦で走者は1与四球の1人だけで13奪三振で無安打無得点(ノーヒットノーラン)を達成

試合は4-0でホワイトソックスの勝利で、ジオリト投手は、今季3勝目(2敗)

ちなみに、大リーグの速球投手で奪三振王のノーラン・ライアン氏は7度もノーヒットノーランを記録している

 
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考


ノーラン・ライアンのピッチャーズ・バイブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です