陸上・男子100メートル、桐生祥秀選手が新国立初陣を制す

23日のセイコー・ゴールデングランプリの男子100メートルは前日本記録保持者の桐生祥秀選手が向かい風0.2メートルの決勝を10秒14で制した

ケンブリッジ飛鳥選手との0.02秒差の競り合いを制した

男子100メートルを制した桐生選手は「勝ち切れたことが収穫」とコメント

日本人で初めて9秒台を出した桐生選手は、新国立(競技場)の「初陣」を制した

 
四継 2016リオ五輪、彼らの真実 (Sports graphic Number books)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です