プロ野球、日本ハム・清宮幸太郎内野手に待望の一発など

23日のプロ野球・日本ハムー楽天戦は11-0で日本ハムの大勝

日本ハムの清宮幸太郎内野手に待望の一発が飛び出した

5-0の七回2死一、二塁で7月16日以来となる4号3ラン本塁打

この一発を含め2年ぶりの1試合3安打(猛打賞)とプロ3年目最多の1試合4打点をマーク

8月15日のロッテ戦を最後に安打が出ず、前日22日は出場機会さえなかった

先発に復帰したが、一回に守備のミス(牽制球を後ろにそらす)もあった

「課題」もあるが、清宮内野手は「もっと打ちたい」と前向きだった

同日の中日―DeNA戦は、3-0で中日の勝利

中日の先発・大野雄大投手は、9回5被安打無失点の完封勝利

これで4戦連続完投勝利で4勝目(3敗)

チームは3連勝

まさしくエースの投球内容だった

22日の大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、アスレチックス戦に「5番・DH」で先発し、3打数無安打・1四球、4試合連続無安打で、これで20打席連続無安打

打撃フォーム修正も実らず、プロ入り後ワーストの不振

チームは、4-3で勝利し、連敗を4で止めた

 
王先輩から清宮幸太郎まで 早実野球部物語 (世の中への扉)


カルビー プロ野球カード 2020年 中日ドラゴンズ 大野雄大


不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です