プロ野球、日本ハム・中田翔内野手が両リーグ最速20号

22日に、プロ野球・日本ハムー楽天戦が行われ、日本ハムが5-1で勝利

日本ハムの主砲で4番打者の中田翔内野手が両リーグ最速の20号ソロ本塁打を放ち、チームの勝利をたぐり寄せた

これで3年連続、通算8度目のシーズン20本塁打

「感触にしてもスイングの形にしても、理想に近い」と自画自賛

今季は、22日まで打率2割5分5厘、20本塁打、64打点で、本塁打、打点でパ・リーグトップ

タイプ的にアベレージヒッタ―でなく、本塁打、打点に魅力のある打者

過去2回の打点王に輝き、本人も打点を最も重視しているようだ

首位打者を争う近藤健介外野手がケガで欠場で、チームの命運は中田内野手の活躍にかかるところも大きい

中田内野手も「・・・近藤が戻るまで何とか粘りたい」とコメント

 
中田翔 逃げない心 プロ野球選手という仕事


2020 日本ハムファイターズ ファンクラブ ミニマルピンバッジ Ricco. 8 近藤 健介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です