将棋、藤井2冠「実力高めたい」など

21日午前、将棋の藤井聡太2冠が、第61期王位戦七番勝負第4局を勝ち、対戦成績4連勝で王位を獲得し、棋聖と王位の2冠となったことを振り返り、「この上ない結果だった。課題も見つかったので、もっと実力を高めていきたい」と語った

藤井2冠は、家族や師匠(杉本昌隆八段)に喜びを報告したようだ

今後も「若き天才棋士」に注目

21日に、囲碁のタイトル「十段」を獲得した芝野虎丸十段(20)の就任式が行われました

芝野十段は、名人と王座を合わせ、史上10人目の3冠を最年少(20歳7ヶ月)、最速(入段5年9ヶ月)で達成した

将棋と囲碁の若き天才棋士に今後も注目

 
藤井聡太 強さの本質


囲碁・歴代最年少名人 芝野虎丸の軌跡 (囲碁人ブックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です