将棋、藤井聡太棋聖が最年少2冠に王手

4.5日の2日間で将棋の第61期王位戦七番勝負の第3局が行われ、挑戦者の高校生棋士・藤井聡太棋聖がタイトル保持者の木村一基王位に勝ち、対戦成績を3連勝として、タイトル奪取、八段昇段(2つのタイトル獲得で八段昇段)に王手

18歳1ヶ月の藤井棋聖があと1勝して王位戦第4局にも勝てば、最年少タイトル2冠獲得は平成4年の羽生善治九段の21歳11ヶ月、最年少八段昇段は昭和33年の加藤一二三氏の18歳3ヶ月をいずれも更新することになる

注目の第4局は、19日、20日に福岡市で行われる予定

 
藤井聡太 強さの本質


藤井聡太 名人をこす少年


藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書)


天才 藤井聡太 (文春文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です