大リーグ、大谷投手乱調、右腕に違和感

2日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がアストロズ戦に炎髪

前回、1アウトも取れずにKOしたリベンジのマウンド

1回を無失点で上々の立ち上がりでしたが、2回に課題の制球が乱れ、球速も急落

2個の押し出し四球で、1回2/3を無被安打2失点・3奪三振5四死球で降板

大谷投手に勝敗はつかず

登板後に、大谷投手は右腕に違和感を訴え。MRI検査を受けた

 検査結果は後日出ますが、検査の結果が気になりますね

大谷投手の今後の予定は打者も含め未定

なお、チームは延長十一回タイブレークで5-6で敗れた

 
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です