大相撲、7月場所は13勝2敗で照ノ富士の「復活」優勝・2回目

2日に、大相撲7月場所千秋楽が行われました

2敗で単独トップの平幕で再入幕の元大関の照ノ富士が、3敗の関脇・御嶽海に勝ち、ケガや病気のため番付を序二段にまで下げましたが、そこからはいあがり、今場所に再入幕、「復活」の2度目の13勝3敗で優勝

照ノ富士の優勝は、平成27年夏場所以来30場所ぶり

30場所ぶりの優勝は、琴錦の43場所ぶりに次いで2番目の長い間隔

大関経験者が転落後に優勝するのは昭和以降で昭和51年秋場所の魁傑以来2人目

再入幕の場所で優勝するのも今年初場所の徳勝龍以来2人目

東前頭17枚目の照ノ富士

いわゆる「幕尻優勝」も徳勝龍以来3人目

照ノ富士は優勝と2度目の殊勲賞と初の技能賞も獲得

新大関の朝乃山はこの日正代に勝ち12勝3敗

優勝と三賞は・・・

■優勝・・・照ノ富士 13勝2敗(2回目)

■三賞・・・

殊勲賞・・・御嶽海(6回目)・大栄翔(2回目)・照ノ富士(2回目)
敢闘賞・・・正代(5回目)
技能賞・・・照ノ富士(初)

 
BBM2017大相撲カード■レギュラーカード■77/照ノ富士 春雄/オフショット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です