大リーグ、田中投手が上々の初登板、前田投手が開幕2連勝など

1日に、大リーグ・ヤンキースの田中将大投手がレッドソックス戦に今季初登板

軽度の脳震盪からの復帰でしたが、51球を投げ、2回2/3で4被安打2失点(自責点1)・3奪三振1与四球で勝敗つかず

チームは5-2で勝利

復帰戦はまずまずだった

ツインズの前田健太投手はインディアンズ戦で本拠地デビューの先発

6回を1被安打無失点・6奪三振・1与四球で開幕2連勝

チームは3-0で勝利

マリナーズの菊池雄星投手は、アスレチックス戦に先発し、6回を3被安打無失点・9奪三振1与四球で勝敗つかず

チームは延長十回タイブレークで、2-3で敗れた

レイズ・筒香外野手は4打数無安打、エンゼルス・大谷投手はこの日は登板予定の前日でアストロズ戦に出場なし、レッズ・秋山外野手は出場予定だったタイガース戦が雨天中止

 
なぜか結果を出す人の理由 (集英社新書)


ゆとりの美学。 力を抜くこと、サボることを恐れない


メジャーをかなえた 雄星ノート (文春e-book)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です