大相撲、7月場所14日目、照ノ富士が正代に・朝乃山も敗れ、優勝は照ノ富士、朝乃山、正代、御嶽海の4人に可能性

1日の大相撲7月場所14日目

1敗の平幕で再入幕の元大関・照ノ富士が3敗の関脇・正代に敗れろも、2敗の新大関・朝乃山も平幕・照強に強烈な足とりに敗れ、その結果、優勝は2敗の照ノ富士、3敗の朝乃山、正代、御嶽海の可能性に

もちろん2敗の照ノ富士にアドバンテージがありますが、3敗の新大関、朝乃山も2横綱途中休場で大関の「意地」があり、関脇・正代も照ノ富士に勝ち「初優勝」の可能性を残した「気迫」と「悲願」があり、関脇・御嶽海にも「3度目の優勝」の可能性の優勝経験の「実績」があります

きょう2日の千秋楽に注目ですね

ちなみにその千秋楽は照ノ富士が御嶽海戦、朝乃山が正代戦の注目の対決

はたして優勝は!?

 
正代キーホルダーアクリルキーホルダー三月場所 春場所大相撲相撲両国 大阪琴剣 サイン 相撲みやげ稀勢の里


御嶽海 令和元年秋場所優勝 記念報道写真集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です