プロ野球、広島が逆転勝ち、阪神・藤浪晋太郎投手が復帰登板を白星で飾れず

23日に、プロ野球・阪神―広島戦が行われ、広島が4-2で逆転勝ち

阪神は、一回に大山内野手の2ランで2点を先制しましたが、阪神の先発、藤浪晋太郎投手が六回にビレラ外野手の満塁弾を浴び2-4で逆転負け

藤浪投手は、新型コロナウイルス感染からの復帰登板だったが、復帰戦での白星ならず負け投手に

五回までは無失点に抑えたが、前述のように六回につかまった

昨年8月1日の中日戦以来の1軍登板で、結局七回途中まで被安打6の6与四球で4失点で負け投手

広島は、阪神に一回に先制されたが、二回以降は、阪神に得点を許さず六回に逆転し勝利した

 
藤浪晋太郎―阪神タイガース (スポーツアルバム No. 46)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です