将棋、藤井聡太七段が最年少タイトル獲得、新棋聖・17歳11ヶ月

歴史的快挙だ!

将棋の藤井聡太七段が17歳11ヶ月の史上最年少でタイトル獲得!

新棋聖に!

16日に、将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局で挑戦者の藤井聡太七段がタイトル保持者だった渡辺明棋聖(棋王と王将も保持、あわせて3冠)に勝ち、対戦成績を3勝1敗とし、17歳11ヶ月の史上最年少でタイトル獲得

17歳11ヶ月でのタイトル獲得は、屋敷伸之九段が持つ最年少タイトル獲得記録・18歳6ヶ月(1990年に獲得)を30年ぶりに更新

藤井新棋聖は、現役最強ともいわれる渡辺前棋聖(棋聖は失冠して棋王と王将の2冠)に、棋聖戦を3勝1敗で初戴冠

藤井新棋聖は、この棋聖戦で第1局と第2局を連勝し、タイトル獲得に王手

第3局は、渡辺前棋聖が「意地」を見せ、勝ったが、今回の第4局に藤井新棋聖が勝利し、タイトル獲得

Ai(人工知能)をも超える「妙手」の激戦を制した

藤井新棋聖に1勝3敗でタイトルの棋聖を失冠した渡辺前棋聖も『すごい人が出てきた」と藤井新棋聖の快挙を称えた

藤井新棋聖は、第61期王位戦七番勝負でも木村一基王位に挑戦中(第2局までで、藤井新棋聖の2連勝)

この王位戦の「勝負の行方」も注目

藤井新棋聖は、14歳2ヶ月の史上最年少でプロ入り(四段昇段)

プロデビューから29連勝の連勝記録を作り、いくつかの最年少昇段記録を作ってきて、今回の最年少タイトル獲得も達成した

今後も藤井新棋聖には注目だし、期待だ

 
藤井聡太 強さの本質


藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です