大相撲、7月場所が有観客開催へ

大相撲の7月場所が19日に初日を迎えます

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月場所は無観客開催、5月場所は中止、そして7月場所は本来なら名古屋開催ですが東京・両国国技館開催へ

今回から再び観客を入れての開催となりますが、コロナ対策で1日2500人に観客を制限しての開催

コロナ対策で升席は1人、力士との接触禁止などの制限も

7月場所の最大の注目は、新大関・朝乃山・・・

本来なら5月場所が新大関の場所えしたが、前記のように5月場所は中止とんり、7月場所が新大関の「お披露目」に

朝乃山は今後への「期待」もあります

ちなみに最近の新大関の優勝は2006年夏場所の白鵬

朝乃山はどんな成績を残すのか注目です

 
白鵬伝


大相撲名力士風雲録 30―月刊DVDマガジン 白鵬 日馬富士 鶴竜 照ノ富士 (ベースボール・マガジン社分冊百科シリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です