プロ野球、ヤクルト・高津臣吾新監督が初の首位

12日の神戸で行われた巨人―ヤクルトのセ・リーグ首位攻防戦は、3-2でヤクルトが勝利

巨人は今季初の4連敗で開幕からの首位を陥落

巨人に好守のほころびが・・・

守備では一回に守備の不手際で先制点を奪われる

攻撃では、六回に炭谷捕手のゴロで一塁走者のバーラ外野手が二塁に滑り込んだ際、二塁手の山田哲内野手とクロスプレー

この際、一塁へ送球できなかったと高津臣吾監督がリクエスト

その結果、このプレーが危険なスライディングと判断され、打者走者の炭谷捕手もアウトに

巨人は絶好の同点のチャンスをつぶしてしまう

一方、ヤクルトは引き分けを挟んで4連勝で昨年の4月以来の首位に

今季から監督の高津新監督にとっては、初の首位

 
ナンバー2の男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です