プロ野球、有観客開催スタート、西武・山川穂高内野手が感謝の3ラン

10日に国内のプロスポーツが5000人の人数制限などの条件つきながら無観客開催から有観客開催をスタート

日本プロ野球なども有観客開催へ

ロッテ―西武戦は、西武の7-6で逆転勝ち

西武は4-6の八回に栗山外野手の2ランで同点に追いつき、九回に栗山外野手が押し出し四球を選んで7-6と勝った

山川穂高内野手の3ランで、先制したが、その後逆転されたのを上記のように再逆転

山川内野手は、先制3ラン後に、「どすこい」パフォーマンスを決めた

先制の山川内野手は、「ファンの前でプレーできることに幸せを感じる」とコメント


ライオンズファン解体新書~南国の怪童トバシーサー山川~ (TOブックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です