将棋、第91期棋戦戦第3局に注目

きょう9日に、将棋の「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第3局が行われる予定

ここまで挑戦者の藤井聡太七段の2連勝で、最年少タイトル獲得を目指す藤井七段は、タイトル獲得に王手です

タイトル保持者の渡辺明棋聖(棋王・王将、3冠)の「意地」にも注目されます

歴代の棋聖戦で特に印象に残るのは、当時の最年少タイトル獲得で第12期棋聖戦で20歳の中原誠六段(当時)が達成しています

中原氏の初タイトルで、その後当時の最年少での24歳での名人にもなっています

きょうの棋聖戦は、藤井七段の「快挙」か、渡辺棋聖の「意地」か注目されます

 
中原誠名局集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です