大リーグ、大谷翔平投手の収穫と課題の1年10ヶ月ぶり登板

7日に、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が紅白戦に登板

1年10ヶ月ぶりの実戦で、7四球の乱調

3回を投げ、1被安打・1奪三振7四球の50球の投球内容

1イニングの投球数を制限する変則形式だったが、打者10人と対戦し、1死しか取れなかった

投げられたことは、ある意味「収穫」だったが、「課題」も見つかった久々の登板で、大リーグの開幕へ今後が注目されます

 
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です