プロ野球、巨人・戸郷翔征投手が2勝目

6月30日にプロ野球の巨人ーDeNAの首位攻防戦は、5-2で巨人の勝利

巨人は1-2の六回に岡本内野手、パーラ外野手のタイムリーで逆転し、八回に丸外野手、岡本内野手の本塁打で追撃した

巨人の先発は、高卒2年目の巨人投手では桑田真澄氏以来の先発ローテ入りの戸郷翔征投手で6回1/3で6被安打2失点で2勝目

先日のプロ初先発勝利に続く(今季)2連勝

高卒2年目以内の巨人投手で開幕6試合目までの先発勝利で、1966年の堀内恒夫氏の16勝(2敗、1年目、デビュー以来13連勝の新人プロ野球記録、新人王、最優秀防御率、最高勝率、沢村賞)、1987年の桑田真澄氏の15勝(6敗、2年目、最優秀防御率、沢村賞)以来の大活躍にも「期待」

DeNAは、早めに継投したが、救援陣が崩れた

 
心の野球 超効率的努力のススメ (幻冬舎文庫)


ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です