競馬、第61回宝塚記念はクロノジェネシスが優勝

28日に第61回宝塚記念(G1、阪神競馬場芝2200メートル)が行われました

優勝したのは、2番人気のクロノジェネシス

クロノジェネシスは、稍重発表でしたが、道悪も向いていたのか強かったですね、圧勝でした

2着は先行は出来ませんでしたが、6馬身差で6番人気のキセキ

3着はさらに5馬身差で12番人気のモズベッロ

1番人気のサートゥルナーリアは4着

私の注目馬は・・・

1着・クロノジェネシス、2着・キセキ、4着・サートゥルナーリア。6着・ラッキーライラック、13着・ワグネリアン、16着・ブラストワンピース、17着・グローリーヴェイズでした

1着と2着は私の注目馬でしたが、3着・モズベッロ(12番人気)はノーマークでした

レースとしては、道悪の巧拙も出たかもしれません

1番人気のロードカナロア産駒のサートゥルナーリアは4着

 
21世紀の名馬VOL.7「ロードカナロア」 (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です