囲碁、芝野虎丸新十段が史上最年少&最速の3冠

26日に、挑戦者の芝野虎丸二冠が囲碁の第58期十段戦五番勝負第4局に勝ち、3勝1敗で村川大介十段からタイトル奪取

これで芝野三冠になった

芝野三冠は名人、王座に続く十段獲得で20歳7ヶ月、プロ入り(初段)から5年9ヶ月での史上最年少&最速の(囲碁)3冠

従来の記録は、井山裕太三冠の23歳1ヶ月&10年3ヶ月

芝野三冠は、井山三冠の保持する本因坊に挑戦中

この第75期本因坊七番勝負は、第3局まで3連敗だが、4冠を目指している

将棋では、最年少タイトル獲得に挑戦中の藤井聡太七段が話題だが、囲碁も芝野三冠の史上最年少&最速の3冠で「藤井七段に(話題で)負けられない」

 
囲碁・歴代最年少名人 芝野虎丸の軌跡 (囲碁人ブックス)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です