大リーグ、来月下旬開幕へ

23日に、米大リーグ機構(MLB)は、新型コロナウイルスの影響で延期となっている今季の大リーグを7月23日か24日に無観客で開幕し、レギュラーシーズンを60試合に短縮して実施することを発表しました

感染防止のため、同地区内の対戦が中心で、延長戦では早期決着のため、走者を二塁に置いて始めるタイブレーク制導入も

乱闘やかみたばこなどは禁止

日本選手もエンゼルス・大谷翔平投手の「投打二刀流」復活、レイズ・筒香嘉智外野手の今季からの参戦などが注目されます

特に、レギュラーシーズンは短縮されたものの、今季の大谷投手は、野球の神様・ベーブ・ルース以来の「投打二刀流」の活躍が出来るか注目です

 
学習漫画 世界の伝記 ベーブ・ルース 不滅の大ホームラン王

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です