プロ野球、長嶋茂雄氏が天覧試合でサヨナラ本塁打を放った日

61年前のきょう1959年6月25日は、プロ野球・巨人の長嶋茂雄氏が天覧試合の阪神戦でサヨナラ本塁打を放った日です

当時は、プロ野球より大学野球の方が人気がありましたが、この歴史的・劇的一発でプロ野球は「国民的スポーツ」となりました

その前年の1958年に巨人に東京六大学野球のスーパースター・長嶋茂雄氏が巨人に入団し、プロ野球人気が上がっていましたが、プロ野球が「国民的スポーツ」となったのは、この天覧試合のサヨナラ本塁打からでした

プロ野球は「国民的スポーツ」となり、天覧試合のサヨナラ本塁打の長嶋茂雄氏は「国民的スーパースター」へ

ちなみに、王貞治氏とのONアベック本塁打は天覧試合が最初です

 
月刊長嶋茂雄 vol.2 『天覧試合』球史を変えるサヨナラホーマー (分冊百科シリーズ)


あの日、野球の神様は“背番号3”を選んだ―天覧試合昭和34年6月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です