プロ野球、佐々木主浩氏が連続セーブ日本記録を達成した日

22年前のきょう、1996年6月17日は、プロ野球・横浜(現・DeNA)の佐々木主浩氏(当時は投手)が阪神戦で17試合連続セーブの日本プロ野球記録を達成

抑えとして22試合連続セーヌポイントまで記録を伸ばした

この年は、横浜の日本一に貢献し、セ・リーグMVP、最優秀救援投手などを獲得

その後、大リーグでも活躍した

大リーグで活躍後は、古巣の横浜に復帰し、活躍後に現役引退

日米通算381セーブ

日本プロ野球では、プロ野球記録タイの5度の最優秀救援投手

米大リーグでは新人王

などを獲得

「大魔人」と呼ばれ速球と伝家の宝刀・フォークを武器に抑えとして大活躍した

 
奮起力。―人間「佐々木主浩」から何を学ぶのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です