ラグビー、福岡堅樹選手・五輪は断念・来季のTLは出場予定

14日に、昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会2019で日本の8強入りに貢献し、来年に延期された東京五輪7人制ラグビーの日本代表の有力候補の日本代表WTB福岡堅樹選手(パナソニック)が、オンライン会見で、五輪を断念

医師の道に進むことを表明

ただし、トップリーグ(TL)のパナソニックとの契約が来季まで残っており、来季のTLには出場する

1年延期された五輪は断念するが、来季のTLは出場予定

しかし、TLの開催が未定で、今後については(予定などが)決まり次第、「判断」するという

 
Number PLUS 「完全保存版 ラグビーW杯2019 桜の証言。」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です