高校野球、選抜の代わりに甲子園で8月交流試合

10日に、高校野球の日本高野連は、オンラインで新型コロナウイルス感染拡大で中止となった今春の選抜高校野球大会(センバツ、春の甲子園)について理事会を開きました

そこで、今春のセンバツ出場32校を甲子園球場に招待し、各校1試合限定ではあるが、交流試合を開催することを決めました

原則的に無観客で開催し、出場予定校が出場辞退した場合は、補欠校の繰り上げ出場

日程は8月10~12、15~17日の計6日間を予定

対戦相手は各校主将によるオンラインでの抽選予定

甲子園球場に来場できるのは、各校とも選手20人に指導者、記録員を加えて30人まで

移動は感染防止のため、北海道・東北地区以外は、公共交通機関を使用せず、バスをチャーターし、旅費や宿泊費は主催者負担

高校野球では、今夏開催予定だった第102回全国選手権と地方大会も中止が決定したが、各都道府県高野連の主催で地方大会の代替大会を開催する動きも

中止となった今春のセンバツのガイドブックです

 
サンデー毎日増刊 センバツ2020 第92回選抜高校野球大会公式ガイドブック [雑誌] サンデー毎日増刊 センバツ2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です