競馬、テンポイントの吉田牧場が生産終了へ

天皇賞・春、有馬記念などを制し、JRA顕彰馬にもなっているテンポイントなど数多くの名馬を出した吉田牧場が、競走馬の生産を終了へ

現代表で元騎手の吉田晴雄氏は、4月2日の火事で5頭の繁殖牝馬が全て焼死し、自身の高齢(76歳)で体力的こともあり、今回の決断(生産終了)となった

吉田牧場は、1897年に吉田権太郎氏が創業

主な生産場に、桜花賞のワカクモ、ワカクモの産駒に天皇賞・春、有馬記念を勝ったテンポイントや名障害馬のキングスポイント、最近では香港国際カップを勝ったフジヤマケンザンなどがいる

最終世代の1歳馬・5頭のうち4頭はオータムセールに上場予定

残る1頭は、吉田牧場の所有馬として美浦・菊川厩舎に入厩予定

功労馬として牧場にいる馬については、最後まで面倒を見るとしている

 

 
名馬を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です