大リーグ、7月開幕案承認

11日に米大リーフ機構(MLB)と30球団のオーナーが新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月26日から延期されている今季について、7月4日の独立記念日に開幕する開催案をAP通信が報じた

選手会に提案し合意を目指す

レギュラーシーズンは従来の162試合のほぼ半数の82試合前後を想定し、ナ・リーグもア・リーグ同様に、指名打者(DH)制を採用

試合に出られるベンチ入り登録は26人から30人前後に増やす

キャンプは6月中旬までに再開し、7月14日に予定されていたオールスター戦は中止となる見通し

プレーオフは各リーグでワイルドカードの枠を2つずつ増やし計14チームで争う

対戦は同じリーグの同地区と他リーグの同地区に限られる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です