大相撲、夏場所中止へ

3日に、日本相撲協会は、新型コロナウイルス感染拡大対策の緊急事態宣言の延長予定を受け、24日に初日予定の大相撲夏場所(両国国技館)を中止する方向で動いていることが分かった

5月6日までが期限予定の緊急事態宣言が同31日まで延長予定の方向で進んでおり、実施は厳しさを増している

4日の宣言の延長決定予定を受け、臨時理事会で夏場所の中止が正式決定される予定

本場所が中止されれば、八百長問題の影響を受けた平成23年春場所以来、9年ぶり3度目となる

協会は、3月の大阪の春場所を史上初の無観客で実施し、春場所期間中に関係者に感染者が出れば即打ち切りの予定だったが、15日間を完遂した

その後に、親方、力士など関係者に感染者が出ていた

今回の宣言延長予定で、夏場所は中止へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です