大リーグ、3地区再編案を協議、6月末にも開幕を目指す

28日に、米大リーグ機構(MLB)は新型コロナウイルスのため開幕を延期しているレギュラーシーズンで全30球団を東西、中3地区の各10球団に再編して開催する案を協議していると全国紙USA TODAY(電子版)が報じた

6月下旬か遅くとも7月2日に開幕し、無観客で最低100試合の実施を目指しているという

案では従来のア、ナ・リーグを解体

東、西、中に区分けし、ブレーブスが中、パイレーツが東に入れ替わる以外は昨季までの両リーグでの地区と同じ

移動を抑制するため、対戦は同地区内に限定

かねて今季開催ではアリゾナ州のみ、アリゾナ、フロリダ、テキサスの3州の3つのプランが浮上していた

また最低100試合実施のため、ダブルヘッダーや7イニング制導入も検討

MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは開幕の条件に選手やファンにとって安全に試合ができ、感染が悪化しないことを挙げた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です