五輪&パラ合同開閉会式案が浮上、大幅見直しも示唆

28日に、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は、両大会の合同開閉会式を行うプランがあることを明らかにした

両大会は1年延期されたが、延期に伴う追加費用がかかるため、追加費用負担の節約などで五輪・パラの史上初の合同での開閉会式案が浮上

延期に伴いその他予定されていたものを大幅に見直す可能性を示唆

今後のさらなる感染拡大で、再延期の可能性もるが、1年後に延長された大会に向けて準備を進めていくとした

再延期はとりあえず考えないで、1年後の大会の成功へ集中するということかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です