競馬、藤田菜七子騎手がJRA通算100勝達成

25日に競馬のJRA唯一の女性騎手・藤田菜七子騎手が福島競馬場第1レースで勝利し、女性騎手としては初のJRA通算100勝を達製

世間は新型コロナウイルス禍の暗い話題ばかり

藤田騎手自身も落馬骨折しその上レースの騎乗不注意に制裁金を科せられましたが、それを克服しての快挙

すでに地方競馬なども含め通算100勝以上し、見習い騎手を「卒業」していましたが、区切りのJRA通算100勝を達成

JRA通算100勝目のレースは1番人気のシルバージャックに騎乗し、5馬身差の圧勝の逃げ切りでした

女性騎手としての話題が先行しがちでしたが年々「成長」し、騎手としての力を上げてきました
(昨年までJRAで6勝→14勝→27勝→43勝で、今年も4月25日までに10勝を挙げている)

くしくも100勝目は、1勝目と同じ福嶋競馬場だった

藤田騎手も

「たくさんのファンに囲まれて初勝利した時と違って無観客競馬での記録達成はすごく寂しい・・・
早く皆さまが競馬場に来場できるようになってほしい」

「こうして無事達成できたことに感謝しています」

などとコメント

この快挙が新型コロナウイルス禍で無観客での達成は残念ですが、早く観客が競馬場に来場できるようになってほしいですね

今後も藤田菜七子騎手の活躍に期待できますし、期待し注目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です