大相撲、高田川親方&白鷹山ら6人が感染

25日に大相撲で高田川親方(元関脇・安芸乃島)と同部屋所属の十両・白鷹山ら6人が新型コロナウイルスに感染

他には幕下以下の力士4人だという

大相撲では10日に幕下以下の力士1人が感染したが、親方や十両以上の関取の感染は初めて

大相撲は集団で住み、寝食を伴にしている力士などが多く、それだけにクラスター(感染者集団)化のリスクも高い

クラスターも危惧される

当初より2週間延期され、5月24日が初日の夏場所(東京・両国国技館)がどうなるのか

今回の感染者6人が出たことで夏場所開催へ向けて厳しさを増してきた

芝田山親方(元横綱・大乃国)は電話取材に応じ、感染経路などは分からず、医療機関などの指示に従うよう伝えてあるとしている

現時点では緊急の臨時理事会などは開く予定はないという

夏場所の開催については、専門家の意見を参考に慎重に検討するとしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です