IOCが五輪延期での追加負担についての発表を日本側の抗議で撤回

東京五輪・パラリンピックの延期に伴い、発生する追加経費に関し、国際オリンピック委員会(IOC)が20日に安倍晋三首相が日本側が大部分を負担するとの認識に同意したと発表したが、日本側が「そのような事実はない」と猛抗議

大会組織委員会も安倍首相の名前が引用され、合意したとの認識に不快感を示した

追加経費の分担負担問題の難しさが噴出

IOCが日本側の要請で21日に撤回

撤回後は、「日本政府は大会成功へ責任を果たす準備が出来ていると繰り返している」とし、「IOCと日本側は共同で、延期による影響を評価し、議論を進める」に変わった

今後の議論の行方(主に追加経費分担問題)に注目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です