インターハイ開催危機

新型コロナウイルス感染拡大で、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)も開催の危機に

既に、部活動が制限され、予選を兼ねる県大会や地域のブロック大会が中止に

主催する全国高校体育連盟は、4月中に臨時理事会を開き、今後について協議予定

インターハイは、1963年に始まり、これまで大会中止はない

今年は8月10~24日の予定で30競技、監督、選手ら約3万8000人が参加し、競う

今年は、五輪・パラリンピックイヤーだったが、新型コロナウイルス感染拡大で五輪・パラリンピックが延期

感染拡大の影響は、インターハイ開催の危機にまで及んでいる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です