映画監督の大林宣彦さんが死去

「時をかける少女」などの尾道三部作などで知られ、「映像の魔術師」とも言われた映画監督の大林宣彦さんが10日午後7時23分に82歳で死去

くしくもこの日10日は最新作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」の当初の公開予定日だった

「夢の中でも映画を撮っていた」といわれるほどの生粋の映画人

映画撮影の最後は必ず「みんなありがとう」だった

大林監督の作品では、個人的には「時をかける少女」が印象深いですね

ちょっと幻想的などこか懐かしさもあるSF的青春映画でした

原田知世さんのデビュー作で彼女のみずみずしい演技も印象的でした

「海辺のー」はお盆前の公開を希望していたといわれ、遺作となった「海辺のー」の公開の近くで「お別れの会」を開く予定

「時をかける少女」(Blu-ray)

時をかける少女【Blu-ray】 [ 原田知世 ]

価格:1,944円
(2020/4/12 09:08時点)
感想(0件)

大林監督の代表作の一つで原田知世さんのデビュー作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です