プロ野球、関根潤三さんが死去

関根潤三さんが9日に93歳で亡くなった

プロ野球で1950年の2リーグ設立後に、50勝以上(65勝)かつ1000安打以上(1137安打)を記録したプロ野球唯一の選手

オールスターに、投手と外野手で出場した最初の選手
(大谷翔平投手(現・大リーグ・エンゼルス、当時・日本ハム)が記録するまで長らく史上唯一の選手だった)

現在(2020年4月)の大谷投手のような同時進行形の投打二刀流ではないが、大谷投手より先に投打二刀流で活躍した一人

関根さん以前にも投打二刀流で克也悪した選手は何人かいるが、2リーグ設立後で活躍した最初の選手

現役引退後は、コーチや大洋(現・DeNA)、ヤクルトの監督を務めた

2003年に野球殿堂入り

最後は野球解説者でソフトな語り口で名解説

1950年に東京六大学野球の法大でリーグ通算41勝のリーグ歴代5位で1950年に2リーグ設立で誕生した近鉄に入団

最初は投手で1954年に16勝を挙げるなど1953年から3年連続10勝以上で活躍

1957年に外野手に転向し、1958年以降登板機会なし

1962年に打率3割1分0厘で打撃成績8位を記録するなど活躍

オールスターには、投手で1度、外野手で4度出場している
(ファン投票での選出は1953年に投手、1963年に外野手)

史上唯一の防御率ベストテンと打撃ベストテンの両方を達成

打撃ベストテン5度

1965年に巨人に移籍

この年の巨人の日本一を最後に現役引退

ミスターこと長嶋茂雄氏は「温厚でみんなに慕われていた」などとコメント

広島でコーチとして衣笠祥雄氏らを育て、大洋の監督時代は高木豊氏らを育て、ヤクルトの監督時代は池山隆寛氏、広沢克己氏らを育てた

解説者時代はソフトな語り口ながら核心をつく名解説で人気があった

昨年10月の東京六大学野球の秋季リーグ戦・法大―東大で母校の勝利を見届けたのが、球場での最後の姿になった

「プロ野球で「エースで4番」は成功しないのか」

プロ野球で「エースで4番」は成功しないのか知られざる二刀流選手列伝【電子書籍】[ 小野 俊哉 ]

価格:770円
(2020/4/10 07:10時点)
感想(0件)

プロ野球で「エースで4番」の可能性を探る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です