バスケットボール、B1大阪でクラスター発生か、チーム内8人感染

バスケットボール男子・Bリーグ1部(B1)の大坂(エヴェッサ)は、新たに3選手の新型コロナウイルス感染を発表

これでチームの感染者は選手7人、関係者1人の計8人となった

クラスター(感染者集団)発生の可能性がある

この事態にリーグは最大の危機を迎えた

せっかく、日本バスケ界を統一し、Bリーグを創設し、これかという時のコロナ問題だ

リーグは、創設してまだ4年目で経営基盤の弱いクラブも多く最大の難局を迎えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です