タイガー・ウッズ選手が苦難を乗り越え来年ゴルフ殿堂入りの栄誉

男子ゴルフの元世界ランキング1位のタイガー・ウッズ選手(米国)に新たなる栄誉

世界ゴルフ殿堂がこのほどウッズ選手の来年2021年のゴルフ殿堂入り決定を発表

1月に年齢規定が50歳から45歳に引き下げられた

12月に45歳となるウッズ選手は「非常に光栄で身の引き締まる思いだ」とコメント

昨年4月にマスターズで優勝

11年ぶり通算15度目のメジャー制覇の復活優勝をした

幾多のスキャンダル、ケガ、不振などを乗り越えての栄誉

新型コロナウイルス感染拡大により、連覇のかかるマスターズが延期されたりと環境は厳しいが、これなでのように苦難を乗り越えることを期待したい

なお、国内女子ゴルフでフジサンケイレディスが新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です