東京六大学野球が5月下旬に開幕延期、74年ぶり1試合総当たりへ

6日に東京六大学野球が新型コロナウイルス感染拡大を受けて、春季リーグの開幕を4月11日から5月下旬へ

同時に74年ぶりの1試合総当たりに変更する準備をしていることがわかった

今後の情勢によっては、無観客試合や中止も検討

開幕は場合によっては、6月末にずれ込む可能性も示唆

新型コロナウイルスの終息の見通しが立たず、伝統の大学野球のものもしんがたコロナウイルスの影が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です