プロ野球、「4.24開幕は変わらず」

27日に、セ・リーグは、都内で臨時理事会を開きました

阪神から新型コロナウイルス感染の藤浪晋太郎投手ら3人の経過布告・・・

さらに開幕へ向けての準備が確認されました・・・

刻々と周囲の状況が変化・・・

東京五輪の1年程度の延期も決まった

今回のプロ野球で感染者が出た影響は大きいようだ

パ・リーグも含め、プロ野球各球団は、自宅待機、練習中止などの対策を発表

 

4月24日の開幕を目指すことに変わりはないようだ

しかし、4月24日の開幕は、難しい状況の気もします

世間の声・状況のさらなる変化で、開幕なども変わる可能性も・・・

プロ野球はプロである以上、収入を得ねばならない

最近の経営の柱は、激減した放映権料から観客動員へ

現在の感染リスクを防ぐための「無観客開催」も経営上厳しい状況・・・

パフォーマンスの向上、名勝負なども「観客」の応援があった方が発揮される気がします・・・

改めて感じるのは、感染予防と興行の両立

理想は、自軍と相手チームとファンの盛り上がり

だが、満員の大観衆の前でプレーするには、まだまだ時間がかかりそうだ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です