公式戦203連勝の柔道の山下泰裕!

柔道の山下泰裕は、全日本選手権9連覇、世界選手権の無差別級1回優勝と95キロ超級3回の優勝、ロス五輪無差別級金メダルと公式戦203連勝のまま現役引退した国民栄誉賞も受賞している柔道家です。

公式戦の実績において山下泰裕を上回る柔道家はいません・・・

山下泰裕でライバルといえば、蟹バサミで山下泰裕を骨折に追い込んだ(公式にはこの1戦は痛み分けで引き分け)遠藤純男もいますが、後半の全日本選手権で覇を競った斎藤仁が最大のライバルかもしれません・・・

齊藤仁は、全日本選手権で山下泰裕についに勝てませんでしたが、世界選手権(無差別級優勝)や五輪(ロス五輪とソウル五輪の95キロ超級金メダルで五輪連覇(ソウル五輪から無差別級は廃止)では優勝しており、「富士山(日本一)はエベレスト(世界一)より高い(難しい)」との主旨の発言をしています・・・

これも山下泰裕の偉大さを示すエピソードです。

昭和天皇の「骨が折れるでしょう(大変でしょう)」に、「骨折しました」と返したやりとりは微笑ましいエピソード・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です