ブログ

プロ野球、巨人・菅野智之投手が1被安打完封勝利!

3日のプロ野球・巨人―中日戦は、5-0で巨人の勝利

巨人の先発・菅野智之投手は、9回1被安打無失点・11奪三振4与四死球の完封勝利で今季2勝目

菅野投手は、エースの見事な投球で今季12球団一番乗りの完封勝利

 
菅野智之のピッチングバイブル (B.B.MOOK1435)

女子ゴルフ、渋野日向子選手が全英女子オープン連覇に意欲

3日に、女子ゴルフの渋野日向子選手がオンラインで記者会見し、現時点では正式発表されていないが、8月20日から開催予定とされるAIG全英女子オープンへの意気込みを語った

昨年の全英女子オープンでは、史上2人目の海外メジャーに日本人制覇の「偉業」をした渋野選手・・・

「(全英女子オープンゴルフで)連覇できるのは私だけ」と強い意欲を示した

 
第43回全英女子オープンゴルフ ~笑顔の覇者・渋野日向子 栄光の軌跡~ DVD通常版

将棋、藤井聡太七段が王位戦にも先勝!

2日に、藤井聡太七段が王位戦七番勝負第1局で、木村一基王位に勝ち、先勝し、史上最年少タイトル獲得や挑戦中の棋聖戦五番勝負(第2局まで藤井七段の2勝とタイトル獲得に王手)と合わせ二冠達成へ一歩前進

王位戦は、各1局が2日間で行われる七番勝負、今回は、46歳3ヶ月の史上最年長初タイトル獲得の木村王位に史上最年少タイトル獲得を目指す藤井七段が挑戦するので注目された

藤井七段は、千駄ヶ谷の受け師の異名を持つ木村王位に先勝しましたね

王位戦の第2局は13、14日に北海道札幌市「ホテルエミシア札幌」で行われる予定


藤井聡太 強さの本質

プロ野球、ヤクルト・村上宗隆内野手が劇的サヨナラ満塁弾!

2日のプロ野球・ヤクルト―広島戦は、ヤクルトが9-5でサヨナラ勝ち

広島が長野外野手のタイムリーなどで4点を先制し、その後ヤクルトは西浦内野手の本塁打などで同点に追いつく

六回に広島が安部外野手のタイムリーで勝ち越すと、七回にヤクルトが西浦内野手のこの日2本目の本塁打で同点に追いつく

九回の5-5の同点からヤクルトが満塁のチャンスを作り、昨年のセ・リーグ新人王で若き主砲・四番打者の村上宗隆内野手が劇的サヨナラ満塁本塁打で9-5と試合を決めた

 
2020BBM 東京ヤクルトスワローズ No315 村上宗隆

プロ野球、楽天が勝ちロッテとともに首位に並ぶ、涌井投手が2勝目

1日のプロ野球・楽天―ロッテ戦のパ・リーグ首位攻防戦は、楽天が5-3で勝ち、2連勝でロッテと並んで首位浮上

楽天は一回に浅村栄斗内野手の本塁打などで4点を先制

ロッテも3点の反撃をしたが、楽天もその後1点を追加し、5-3で逃げ切った

楽天の先発・涌井秀章投手は、古巣・ロッテ相手に5回2失点で2勝目

ロッテは今季初の連敗

 

涌井投手のロッテ時代のベースボールカード
2018 BBM ベースボールカード 2ndバージョン CU53 涌井 秀章 千葉ロッテマリーンズ (CROSS UNIVERSE)

プロ野球、巨人・戸郷翔征投手が2勝目

6月30日にプロ野球の巨人ーDeNAの首位攻防戦は、5-2で巨人の勝利

巨人は1-2の六回に岡本内野手、パーラ外野手のタイムリーで逆転し、八回に丸外野手、岡本内野手の本塁打で追撃した

巨人の先発は、高卒2年目の巨人投手では桑田真澄氏以来の先発ローテ入りの戸郷翔征投手で6回1/3で6被安打2失点で2勝目

先日のプロ初先発勝利に続く(今季)2連勝

高卒2年目以内の巨人投手で開幕6試合目までの先発勝利で、1966年の堀内恒夫氏の16勝(2敗、1年目、デビュー以来13連勝の新人プロ野球記録、新人王、最優秀防御率、最高勝率、沢村賞)、1987年の桑田真澄氏の15勝(6敗、2年目、最優秀防御率、沢村賞)以来の大活躍にも「期待」

DeNAは、早めに継投したが、救援陣が崩れた

 
心の野球 超効率的努力のススメ (幻冬舎文庫)


ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)

国内女子ゴルフ、アース・モンダミン・カップ」の優勝は渡辺彩香選手

29日に、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、開幕が遅れた国内女子ゴルフツアーの開幕戦・「アース・モンダミン・カップ」最終日が行われ、26歳の飛ばし屋・渡辺彩香選手が通算11アンダーで回り、同じく通算11アンダーの昨年の賞金女王・鈴木愛選手とのプレーオフに勝ち、5季ぶりに優勝

なお、海外メジャーの昨年の全英女子オープンを勝った渋野日向子選手は、初日に「チョンボ」で2罰打の「アクシデント」などもあり、スコアが伸びず予選落ち

 
第43回全英女子オープンゴルフ ~笑顔の覇者・渋野日向子 栄光の軌跡~ DVD通常版

将棋、藤井聡太七段が最年少タイトル獲得に王手

28日に将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第2局が行われ、挑戦者の藤井聡太七段がタイトル保持者の渡辺明棋聖(棋王・王将、3冠)に勝ち、2連勝とし、史上最年少タイトル獲得に王手をかけた

この日は和服姿の初披露でもありました

棋聖戦第3局は7月9日予定

 
藤井聡太 強さの本質

競馬、第61回宝塚記念はクロノジェネシスが優勝

28日に第61回宝塚記念(G1、阪神競馬場芝2200メートル)が行われました

優勝したのは、2番人気のクロノジェネシス

クロノジェネシスは、稍重発表でしたが、道悪も向いていたのか強かったですね、圧勝でした

2着は先行は出来ませんでしたが、6馬身差で6番人気のキセキ

3着はさらに5馬身差で12番人気のモズベッロ

1番人気のサートゥルナーリアは4着

私の注目馬は・・・

1着・クロノジェネシス、2着・キセキ、4着・サートゥルナーリア。6着・ラッキーライラック、13着・ワグネリアン、16着・ブラストワンピース、17着・グローリーヴェイズでした

1着と2着は私の注目馬でしたが、3着・モズベッロ(12番人気)はノーマークでした

レースとしては、道悪の巧拙も出たかもしれません

1番人気のロードカナロア産駒のサートゥルナーリアは4着

 
21世紀の名馬VOL.7「ロードカナロア」 (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

競馬、第61回宝塚記念の枠順と私の注目馬

28日15時40分発走予定の競馬の第61回宝塚記念(G1、阪神競馬場芝2200メートル)の枠順と私の注目馬を以下に示します

ファン投票1位のアーモンドアイは、残念ながら回避ですが、それでもG1馬・8頭の豪華レースとなりました

1-1  トーセンカンビーナ
1-2  ペルシアンナイト
2-3  グローリーヴェイズ
2-4  アフリカンゴールド
3-5  サートゥルナーリア
3-6  トーセンスーリア
4-7  ワグネリアン
4-8  レッドジェネシス
5-9  アドマイヤアルバ
5-10 メイショウテンゲン
6-11 ラッキーライラック
6-12 モズベッロ
7-13 ダンビュライト
7-14 キセキ
7-15 スティッフェリオ
8-16 クロノジェネシス
8-17 カデナ
8-18 ブラストワンピース
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私に注目馬は・・・
皐月賞などを勝ったロードカナロア産駒のサートゥルナーリア
大阪杯を勝ったオルフェーヴル産駒のラッキーライラック
有馬記念を勝ったブラストワンピース
秋華賞を勝ったクロノジェネシス
香港の香港ヴァーズを勝ったグローリーヴェイズ
日本ダービー馬でディープインパクト産駒のワグネリアン
スタートが上手くいけば先行力のあるキセキあたりか
馬場が悪そうで波乱の要素も・・

 
21世紀の名馬VOL.7「ロードカナロア」 (Gallop21世紀の名馬シリーズ)